calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

ランキング参加中です♪お帰りの際にポチっとお願いします♪

*訪問ありがとうございます*

素材をお借りしています

↓細々とつぶやいてます↓

メールフォーム(・∨・*)

関西Jr X’mas show in 松竹座 12/14 2部 ◆トーク◆

0
    すんません まだ続きますw


    ーーーーーーーーーーーーーーーー


    スマイリーサンタのコーナー

    最初に、れんれんが甘い言葉(笑)的なものをさせられるとき、彼女役を”りゅうこ(仮)”としたのですが、
    大西さんが、室弟に「りゅうってどっちですかね?」的にそわそわしてて、いと いとおし 。


    お題「地球最後の日にたべたいものは?」

    こおじ:トムヤムクン
    室弟:ミルクティー
    大西プロ:スゥンドゥブ

    平野:人(はぁと)←
    大吾:細胞←←
    とま:ボケ ←隣のおない二名がド級すぎてせっかくボケてるのにかすむ事態

    うしろのJrたちを主に拾うコーナーゆえに、最初に前列を拾えないけど、
    進行中のれんれんが何度もしょおのフリップを二度見www

    あのとうまちんでさえ、しょおのフリップみて溜息パターンwww

    リチャードの「土」も中々のパンチなんだけど、人喰い妖怪の破壊力…

    全然余談ですが、いちいちこぉじが、ズボンの裾が上がるのを よいしょよいしょとなおしたり、隣のショタJr愛でたり、
    マイクほっぺたにあてながら人の話をぼけーっときいてるとまちん可愛かったり、
    なんか随所にかわいいが散りばめられてる…


    ミルクティーが引くほど好きな室弟に、
    「ミルクティーのお風呂入ったらいいやん!?」
    と、あたかも名案閃いたかのようなテンションで嬉しそうに語るんだけど、相変わらず意味が分からないよこぉじ…かわいいよ


    とうとう平野のターンが回ってきてしまった…

    文一「あと、誰のがきになる?」
    れん「し、しょお?wwwwww」
    文一「…心して きこか…」

    しょお「だって、地球最後の日ですよ?」

    こわいあの人真顔だwww

    「どこ食べたいん?」←パスが異常www
    「二の腕かなぁ?」←答えちゃったよ
    「二の腕好きやもんなぁ〜」←いよいよ着地点おかしいだろ

    「もし、地球最後じゃなくなったらほんま最悪やけどな」
    「そしたら、ぼく、出頭します!!!!」

    いやもう、金内くん疲れちゃってるからwwww
    お願い、生きて!処理して!?



    【14日2部 MC】

    「昨日流星が、MCで”ぼくナンパわからないです〜”みたいなこと言うてましたやん?
    でね、ぼく、松竹座のエレベーターのところで、流星に会ったときに、流星おまえほんまに知らんかったんか?ってきいたんです。そしたら、流星 にや〜っと笑ってそのままエレベーターの扉しまって!!おれ思わず、\りゅーせーー!!/て叫んだわwww」


    もうね、オチきれいすぎて、すべらない話だったら、羽はえた豚とんできてスタンプ押して去って行ってるとおもう。

    大西プロが、どうしよう!的な顔でおろおろしながら、室弟のもとに近づく

    室弟「いやいや近いなぁwwww」

    「あのね、ちがうんすよ、あのね、あのときはね、本番中はね、緊張して、緊張してるやないですか?でね、テンパってしまって、ナンパってなんやろなぁっておもったんですけどね、よくよく考えたらね、知ってたなぁって…」

    もうね、そんなんね!かわいいからなんでもいいんですよっ!!!


    そして、なんでかわからんけど、背を比べようとゆう展開に。
    その瞬間、かねこじの元へすっとんでくる平野さん。まじキングオブカワイイ…
    君はどう考えたってなにわ寄りの身長だwww

    靴をぬごうとゆう謎の展開をむかえる。
    こぉじが、れんれんの お靴そろえて、うしろに持ってってあげてたよ???
    こおじちゃんはほんとうに育ちがいいね??????

    断固として並びたがらない文一さんw
    不正のオンパレードするも、大西畑の次に配置される文一おじさんw

    髪の毛をさわられるのが嫌なれんれん。
    「おれちっちゃくていいから!」とまさかの背比べを拒否www

    れんしょおで背比べする際に、とうまちんが、れんれんの頭をポンっとする
    れんれん、みぎゃーっ!と猫ばりに牽制しながらぴょんぴょん飛び跳ねながら逃げる…
    いやもうほんとに、にゃんにゃんテロに耐久できひんって…

    とうまちん、動物大好きだから(あの美しい顔面で、動物まで愛する心まで美しい美少女)、猫 手懐ける感覚で、れんれんのことを手中におさめすぎ問題ね。

    最後、かねこじ背比べターン

    「おれととうま、身長一緒やで?」即答かよ
    なに、その、お互いの身長測るの常時やってて 最新版身長熟知してますよ感

    結果、背比べするも、ほぼほぼおなじ身長のかねこじ…
    身長までシンメトリーってまじ奇跡を感じる

    並び終えて、靴を履こうってなったときに、
    てててっと走って靴べらもってくるこおじ。
    それをみてなかった平野さんが、my靴べらを持ってこようとはける。

    永ちゃんがすかさず、
    「しょお〜??しょお〜!!靴べらもうあるよ〜〜!!」

    名前を呼ばれたから、れんのもいるのかと思ったのか、二本靴べらをもって戻ってくる平野。
    ちゃっかり、自分とれんれんの衣装と全くおなじ色の靴べら

    みんなに、靴べらと服まんま同じ色やないか!とつっこまれるも、まったく気づかないれんれん。

    数秒後に、時間差で一人爆笑しだすれんれん めっかわ。

    余談ですが、NOヘラで、靴を荒々しく履くとうまちんが、まじ雑すぎて男だったww
    あんなかわいい顔して 床をダンダン踏み鳴らしながらくそ雑に履くwww

    そのまま、向かって右端が大西さんだったため、流星がMC仕切れとゆう流れに。

    「えっとね〜みなさんね、寒いじゃないですかぁ 防寒着とかどうしてますか?」
    突然のネタフリにお兄さんたち爆笑

    いや大阪そない寒ないしな〜?とすかされる大西さん

    「じゃあ!えっと、雪とか積もったら皆さんなにしてあそびますか?」

    またもお兄さんたち崩れ落ちて爆笑

    いやいや、大阪雪積もらへんし!あそばへんから〜 な おにい達

    「…はぁ〜〜〜っ???」

    困り果てりゅうせいをみて、文一おじさんがもう萌えの限界に到達
    「そら、はぁ〜?やなぁぁ(はぁと)」


    れんちゃんは、北海道にいたころ、校庭の雪山でスキーしたと、ようやくノッてくれました。
    りゅうせいは、かまくらをつくったらしいです。

    …もうショタ達の経験値かわいすぎてわたしほんとこの子達に萌えてたらいよいよ犯罪だなって震えてきたのよ


    かまくら作ってそっからなにしたん?とまた、質問攻めにあい、困りゅうせい 展開


    苦し紛れに次の瞬間発した言葉が

    「室くん家の設定温度は何度ですかぁ!?」

    会場及びお兄さんたち 一同 崩壊www

    西畑さん、文一さんが、悶絶しながら崩れ落ちていました。

    さすがにこれは、言った大西さん本人も、興味がなかったのか、言った後 あひゃあひゃ笑ってましたww
    室家の扱い雑じゃねえ?wwwwww

    永瀬家は23度あたりで低め、金内家はガスストーブ派、向井家はこたつ派だそうで、
    ちなみに室家は30度のエアコンらしいっすwww

    こんだけいじっておいて、最終的に巻きのカンペがでてしまい、唐突に〆をやらされる大西プロ。

    機敏に番宣までふって、デキるコ流星…



    【お手紙 しょお⇔りゅうた】

    室君へ。りゅうたくんへ。あれ?

    と、カオスな冒頭をりゅうたにつっこまれるも、

    「だってこうやって書いてあるんですもん!」

    いやおまえが書いたんだろwwwwww

    最終的に りゅうさん 呼びになり、やめろ言われる始末

    りゅうたがルンバをもじった一発芸をしたんだけど、どすべってwww

    幕裏で待機していた とまだいれん が、そのボケをかぶせてきて、
    「りゅうたくんのボケ、おれらが掃除しました〜」だそうですw

    おあとがよろしいようで…


    とゆわけで、トークレポは終わりでございます。
    ぬるっとした文章を読んで下さった方、ありがとうございました〜

     
    web拍手 by FC2
              

    スポンサーサイト

    0
      web拍手 by FC2
      • 2018.05.19 Saturday
      • -
      • 17:08
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

                
      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック